無職になった場合

それでもふんばって働かなければいけないのは、
無職になると無収入はもちろん
その周辺に様々な問題が発生するのです

まずは保険。

sasa家、旦那が自営業なものですから
他の主婦のように、旦那の会社の扶養家族にささっと入るわけにはいきません。
無収入の子供にさえ各自の国民健康保険料がかかります。
次男が一度顎が外れて以来、外れ癖がついてしまい、
ちょっとしたあくびで外れてしまいます。
次男に前職で保険証返却する話をした時の最初の心配が
「保険証いつできる?」
でした。
とりあえず自費で払っておくというお金の余裕も
次男にはありませんからね。

また、子どもたちの奨学金問題。
会社員はsasaだけなので、借金の保証人は全てsasaです。
年に一度、次年度の更新時に保証人の収入状況を報告します。
無職だと保証人になれない可能性が出てきます。
更新ならまだいいのですが、
次男が大学院に進学する時には
また新規で申請が必要です。
審査に通るかどうか心配。

一家に一人は会社員が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation