舞台『セールスマンの死』

■日時:2022年5月28日(土)13:00 1幕65分 20分休憩 2幕75分
■会場:北九州芸術劇場 大ホール D列サイド
■出演:段田安則、鈴木保奈美、福士誠治、林遣都 、前原滉、
山岸門人、町田マリー、皆本麻帆、安宅陽子 鶴見辰吾、高橋克実

■STORY 1950年代前後のアメリカ。
かつて敏腕セールスマンだったウィリー(段田)は63歳。
年齢的にキツイ地方営業を続けているが、成績はさっぱり振るわない。
妻のリンダ(鈴木)だけが尊敬し献身的に支えているが、
いい歳して自立出来ない2人の息子達(福士・林)とは微妙な関係。
理想の家族を演じてきたが、それも限界が近づき・・・・・

退院翌日で超絶に体調が悪く、諦めようかと思ったのだけど、
良席、名作、豪華俳優陣だったので這うようにして劇場へ。
タイトルからわかるように暗いお話です。
そして予想以上に辛かった。

過去の栄光にしがみつく老人の姿のなんとみじめなことか。
息子たちもかつてはスポーツで活躍したものの、
今や見る影もない。
一家は常にお金がなく、日々の支払いに追われ、借金続き。
つらい。

頑張ってるのに報われない、というのではなく、
明らかに自分の状況を理解せず、見栄ばかりはって
「自分はこんなもんじゃない。周りが悪いんだ」
と責任転嫁するから全く共感できないのよ。

豪華な役者陣は素晴らしく、
広告では林遣都くんがクローズアップされてるけど、
実際は福士誠治君の実力が発揮されてて良かったわ。

名作だし、すごく心にダメージを受けるけど、
共感とはならないお話、というのが正直な感想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation