Author Archives: Sasa

つかの間の休息


予定通り5月末にて退職いたします。
有給がありますので、20日が最終出勤日でした。
相変わらずやること山積みで、
これで辞めたらどうするんだろうと思いつつ、
1か月以上前からちゃんと手順を踏んで辞めるのに
なんでこんなギリギリまで仕事引き取らないかなあ。

いろいろ心配が残りますが、
もう後はなんとでもしてくれ。

最終日はお世話になった方には個別に、
みなさんには詰め合わせでお菓子
を用意したのですが
これも別に無理することもなかったなあ。

とりあえず、終了しまして、つかの間の休息でございます。

ラストスパート

最後の大仕事は熊本出張で3日間。
熊本って路面電車の街なのね。

朝7時半集合で、22時まで昼休憩もない激務でした。
最期のお勤めと思って我慢我慢。

昼夜は弁当かきこむだけだったので、
まともに食べたのはホテルの朝食のみ

これが終わればあと一息。

博多座『千と千尋の神隠し』


■日時:2022年5月14日(土)12:00 1幕85分 休憩30分 2幕70分
■会場:博多座3階B列サブセンター
■翻案・演出:ジョン・ケアード
■出演:
千尋:上白石萌音
ハク:醍醐虎汰朗
カオナシ:辻󠄀本知彦
リン:咲妃みゆ
釜爺:橋本さとし
湯婆婆/銭婆:夏木マリ
兄役/千尋の父:大澄賢也
父役:吉村直
青蛙:おばたのお兄さん

ジブリ作品はほとんど見てなくて、
先日のテレビ放映で慌てて予習した。
実力は確実の萌音ちゃん千尋、期待通りのすばらしさでした。

そして、ジョン・ケアードの演出は見事だなあ。
映画のあのシーンをどう表現するのだろう?
と素人では予想も出来なかった世界が、舞台にちゃんと広がっている。
ススワタリがピョンピョンしたり、
釜爺の腕が四方八方に伸びたり
白龍が空を舞ったり。
観客が少しだけ想像力を働かせれば、
それも、ほとんどの日本人は映画を見たことがあるだろうから
映画のイメージを損なうことなく舞台に大きく広がる。

キャラクターの動きやセットの移動を人力でやってるから
その黒子さんがチョロチョロしてしまうのが
残念ながらちょっと目にうるさいかなあ。

一番のお目当てはカオナシ辻本さんですよ。
そろりそろり動く足さばきが美しく、タダモノではないオーラが。
首の傾け方もいいのよねえ。
欲を食べてどんどん拡大していくから身体能力も必要よね。

湯婆婆は本家の夏木マリさんでしたので、
見ごたえありました。
そして、『ウェイトレス』の時も思ったけど、
おばたのお兄さん上手だわ。

ミュージカルだと思ったから、
萌音ちゃんの歌が聴けるかと思ったら
これはほぼストプレでした。
歌える役者さん勢ぞろいなのでもったいない気はする。

お話が濃いので、3時間みっちり充実。
面白かったのでリピ追加したいけど、
発売初日でも速攻完売だったくらいなので、難しい。

コストコとSODASTREAM


去年の9月以来、久しぶりにコストコ。

今回は品数は少なかったけど、
大物を購入しましたよ。
店内の実演販売で飲んだ出来立ての炭酸水のあまりの美味しさに
SODASTREAM。
7000円くらいで、ネットで軽く調べて最安値だったので、
優柔不断なsasaにしては即決。

ほんとはボトルが500mlがよかったんだけどね。
800mlではちょっと多すぎて、急いで飲まないと炭酸抜けちゃう。
キンキンに冷えた水で作ると炭酸がよく効くらしい。
炭酸は背面にボンベが入っていて、
交換ボンベはあちこちで買えて、交換なのでボンベの廃棄不要。
今までは炭酸水買ってたけど、計算してみたら十分コスパも良い。
なんといっても、作りたての炭酸水の美味しさといったら!

これからの季節大活躍だわ。

GW山陰旅行④萩と香月泰男美術館

歴史の街・萩。

萩すごいわ。
吉田松陰の松下村塾の影響力が強すぎる。
木戸孝允、高杉晋作、伊藤博文…

山頂にあったという萩城址

3度総理大臣となった桂太郎旧宅

伊藤博文別邸。

歴史で習ったような習ってないような…消えかかっている記憶をたどる。

そして、ずっと行きたかった香月康男美術館。
シベリア抑留の暗~いイメージだったけど、
企画展は植物でホッとした。

そしてね、シベリアから戻った後は高校の先生になって、
好きな絵を描き、愛らしいおもちゃを作り、
大好きな奥さんと幸せに暮らしてたことを知り、
辛いことばかりだったのかと勝手にイメージしてたのが心救われた。

絵葉書がどれも素敵で、悩みに悩んでこの1枚。