Category Archives: テレビ・ドラマ

TV『ソロモン流☆上原ひろみ』

昨日、なんとなく上原ひろみさんご出演の『ソロモン流』を観ました。
ジャズ、よくわからないけど、あのパワフルな演奏には興味あったし。

sasa、昨日の投稿では観劇マナーにご立腹だったでしょ?
それがさあ、ビックリしたの。

ノリノリで演奏するライブの様子が紹介されていて、
その途中で携帯が鳴ったの。
すると上原さんは…

なんと!着信音をピロピロピロってかわいい音にアレンジして
ニッコリしながら楽しそうに演奏してるの。
これには、観客のみなさんも一斉に笑顔。

うわぁ、懐大きいわあ。
世界を相手にしてる人って格が違うのねえ。

携帯鳴った時って、個人的に腹が立つのもだけど、
役者さんに聞こえないか、気分を害さないか、
テンション下がらないか、って気を遣うじゃない?
常識ある観客たちは非常識な行動にピリピリするよね。
それを、演者自身が受け止め、楽しむなんて…。

お人柄に感動しました☆

緒川たまき@『JIN〜仁』

久しぶりに緒川たまきちゃんをテレビドラマ『JIN〜仁』で拝見。
去年の舞台『2番目、或いは3番目』以来です。

藩主の奥方様として登場。
奥方様には首に大きなこぶがあって、
それを治してもらうというお話でした。
こぶはゲンコツくらいの大きさで、
あの役を演じるのは気合いがいったはず。

それでいて、立ち振る舞いも間の取り方も落ち着きがあって、
堂々たる奥方さま。
台詞のひとことひとことがとてもクリアで凛としてて高貴!
心の動きも微妙な表情の変化で伝わってくる。

あっぱれです。感動しました。

NHK ETV特集「アフガニスタン 永久支援のために〜中村哲 次世代へのプロジェクト〜

ちょっと前のことだけど、
録画していたNHKの番組を観ました。
中村医師は、もちろん学部は違うけど大学の大先輩なので
なにかと活動は耳に入り、気になっていたものの、
詳しい活動は知らなかったから。

よく「武力は武力では解決できない」っていうけど、
中村医師の考えは、ありがちな「話し合いで解決を」
なんていうキレイゴトではなく、もっと現実的な
地面にしっかり足をつけたものだった。

アフガンの人々の9割は農民である。
彼らが田畑で生活できるようにすること、
つまりは大干ばつにも耐え得る水路の確保
がアフガンを救う最大の道と考える。

テレビなどで戦乱シーンばかり見たり、
アルカイダの拠点であることばかり報道されると、
アフガンってなんだか危険人物の巣窟
みたいなイメージないかな?

でも、一般人のほとんどは農民で、
本来は田畑で生活していきたいのに、
干ばつのため、それができない。
家族を養うために傭兵になったり、タリバンに入ったり。

中村さんは、25キロに渡る用水路を計画します。
大型機械がなくても自分たちで修復ができるように、
ツルハシやスコップでの手作業が基本です。
作業の話を聞いて集まって来るアフガン人たち。
元タリバン兵もいます。
作業員たちには日当が支払われます。
25キロ、気の遠くなるような壮大な計画ですが、
これが完成すれば、以前のような田畑の暮らしに戻れることを夢見て
コツコツ作業は続きました。

2003年の計画開始から6年、2009年に開通。
廃村も次々復活し、農民たちが家族と戻ってきました。

「明日の民主主義より今日のパン」
概念や理論はいいから、この人たちが今日食べられるようにしてくれ。
食べられるようになればテロは自ずとなくなる。
が中村さんの信念です。

先日のビンラディン殺害でオバマ大統領は勝利を宣言し、
アメリカは沸いていました。

でも、9・11で息子さんを亡くされたお父様が
この10年間に何度もアフガンを訪れ、
子どもたちに文房具を送る活動をされているそうです。
教育を受ければ、子どもたちが状況を理解し、
環境が良くなり、テロはなくなるはずだと。
どんなにか悔しかろう方がこんな活動をされているのです。

支援につながるのがどちらなのか
答えは明らかな気がします。

海外ドラマ『ダメージ』

今日は貴重な平日休み。
家から一歩も出ないでひとりを楽しむぞ〜!
ちょっと買い物でも…と出ただけでお金使うしね。

ということで、今日は録画しておいたドラマを観ることにしました。
ついにsasa家もBSが観られることになり、
あれこれ録画しているものの、観る時間がなく、
たまっていく一方なの。

会社の独身ちゃんたちは
流行りの海外ドラマしっかりチェックしてるけど、
sasaは、話題の『24』とか『ER』さえ観たことありませぬ。
たまたまNHKで連続放送していた『ダメージ』に挑戦です!

弁護士のお話で、現在と過去がフラッシュバックしながら
お話が進みます。
そこまでめちゃ面白いということはなく、普通〜。
これにハマることはなさそう。
とりあえず、1シーズン13本全部録ってあったので、
一気に観られるのは効率よし。

同僚のおすすめは『LOST』だそうです。
整骨院の先生には『プリズン・ブレイク』を勧められた。
面白いドラマ、いろいろありそうね。

ドラマ『フリーター、家を買う』

ササ家は1クールに1〜2本、
子どもたちと相談してコレと決めたドラマを観ます。
今期は観たいものがいっぱいあって迷う〜!

☆二宮くんの演技しっかり観てみたくて
「フリーター、家を買う」でしょ
☆お芝居上手だし、いつまでもかわいい菅野美穂ちゃん
「ギルティ 悪魔と契約した女」でしょ
☆篠原涼子ちゃんが出ていて面白くなかった試しはないので
「黄金の豚」でしょ
☆加瀬亮くんがテレビドラマって珍しくない?
「SPEC スペック」でしょ
☆子どもたちも好きな小栗旬くん主演
「獣医ドリトル」でしょ…

とりあえず、それぞれ1話目は録画していたものの、
あまりの忙しさに全く観られず、
やっと「ドリトル」と「フリーター」に手をつけました。

「ドリトル」は、まあそこそこ予測できる内容だったのですが、
「フリーター」が全く予想外でした。

フリーターでプラプラしている二宮くんが
物の弾みで家を買ってしまって大慌て!のコメディかと思ってたのよ。
それが、リストラ、就職難、父親の言葉による暴力、母親の鬱病発症…
と次々と重たいテーマ。
お母さん役はかつてのトレンディドラマの女王浅野温子さんですが、
鬱病が明らかになるシーンは特に衝撃的で、
ササと子どもたちはあまりのショックで
口も聞けずにただ無言になってしまいました。

まだ1話を観ただけなのですが、この先どうなるのでしょう。
同僚の話によれば、この脚本家の方は必ず最後は
心が落ち着くところに持って行ってくれるということなので、
そこまで見届けたい気持ちです。