福岡市美術館『tupera tuperaのかおてん』

チケットをいただいてので行ってきました。
かおの絵本などで有名なアーティストですよね。

会場はいろんなパーツを自由に組み合わせて
自分オリジナルのかおを作るコーナーが続く
参加型の展覧会という感じ。

未就学の子供たちとママがあふれていました。

正直な感想を言いますと、
このジャンルに興味・関心が湧きませんでした。
ワクワクしなかったし、楽しくもなかったので
ささーっと通り過ぎて退場しました。

これで孫でもいればまた関心が湧くかもしれないけど、
今のsasaにはこのジャンルの必要性がない。
人ってこういうもんなのね、と自分に呆れました。

その一方、福岡市美のコレクション展にも入場できたのですが、
こちらはかなり楽しかった。
母校の大先輩や地元の画家の作品が並んでいたし、
野見山曉治さんの絵もありました。
野見山さんは事前に緻密に構想を練るのではなく、
描きながら考えていくタイプの画家さんだそうです。
少し前に講演会に伺ったことがありますが、
101歳を迎えた今でも現役で、長崎での展覧会では講演もされるとのこと。
講演会の申し込みは終了していましたが、
絵だけでも拝見したいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation