Category Archives: ミュージカル・お芝居

NODA・MAP 第26回公演『兎、波を走る』


■日時:2023年8月22日(火)18:00 2時間10分休憩なし
■会場:博多座 2階B列サブセンター
■出演:高橋一生 松たか子 多部未華子
秋山菜津子 大倉孝二 大鶴佐助 山崎一
野田秀樹

いつも難しいNODA・MAP。
どうしようかなあと思っているうちに
結局チケット合戦には歯が立たず、
ギリギリになんとかご縁をいただいたので
不安を抱えつつ行ってきました。
このメンバーですからねえ、行かないのは諦めきれない。

「兎、波を走る」って諺らしいです。
野田さんご自身も最初は知らなかったらしく、
この芝居を書こうとした時に
この諺が向こうから走ってきたらしい。

いつも3階席が定番ですので2階は珍しい。
博多座の2階は見やすくて結構よいです。

前半、高橋さんが走ってなにやら早口で叫びたおし、
こういうのって野田さんが遊眠社のとき
「舞台に風を起こす」と言いながらやってたことですが
あーまたこういう訳わからん内容かあ、と気落ちしてたら
高橋さんの台詞が「何言ってるかわかんないでしょ?」
だったので、そうか、ここはわからなくていいんだ、
と気が楽になった。

兎といえば「不思議の国のアリス」。
ただ、今回は兎(高橋一生)を追いかけるのは
アリス(多部未華子)ではなく
アリスの母(松たか子)。

アリスがいなくなって兎を追えばみつかるかと
走って探し回るのです。
ドタバタやってるうちに
「38度線」って声が。

え?

子どもが行方不明、探す母、38度線…

そしてはっきり「拉致」という言葉が出てきた。

さらに、兎は「アンミョンジン」と名乗る。

ゾーっとした。
そうか、そういうことか。

アリスが袋に入れられて船に積み込まれるシーンまであって
どんどん鮮明になっていく。
嫌な雰囲気が立ち込める。

お話はさらに劇中劇というフレームに囲われてて、
アリスは見つからず、何の解決もしないまま
母の悲しみを残したまま終わる。

拉致問題は何の解決もせず、
今は連日ミサイルを発射されても「遺憾です」しか言えず、
日本人の怒りはどこにもぶつけられず
やるせない気持ちが充満。

いや、拉致問題については
sasa自身も「そういえば…」みたいな気持ちになっているのは事実で
今後どんどん忘れられていくかもしれない。

野田さんのテーマは「不条理」。
うん、伝わった。

舞台『ハリーポッターと呪いの子』


■日時:7月12日(水)18:15
1幕1時間40分 休憩20分 2幕1時間40分 計3時間40分
■会場:赤坂ACTシアター
■出演:
ハリー・ポッター:石丸幹二
ハーマイオニー・グレンジャー:中別府葵
ロン・ウィーズリー:川辺邦弘
ドラコ・マルフォイ:松田慎也
ジニー・ポッター:白羽ゆり
アルバス・ポッター:藤田悠
スコーピウス・マルフォイ:門田宗大
嘆きのマートル:佐竹桃華
ローズ・グレンジャー・ウィーズリー:大内慶子
デルフィー:宝意紗友莉
組分け帽子:木場允視
エイモス・ディゴリー:間宮啓行
マクゴナガル校長:高橋ひとみ

お譲りいただいたお席がなんと1列目のど真ん中。
なので、目の前にこんな仕掛けが。

今回の遠征でムーランにあわせる公演が見つからず
まあいいか、くらいのセレクト。
横は観劇には珍しい若い男性2人組。
sasaねえ、子供たちにつきあっていくつか映画観たくらいで
ハリポタそれほど詳しくない。
DVD借りて慌てて予習したけど間に合わず。

それでも大体のキャラクターはわかるので
十分楽しめました。
通常のハリポタの後日談のお話で、
ハリーもハーマイオニーもロンも大人になっていて
子どもたちの代に変わっています。
過去を変えようとしたことで現代が曲がり、
それを直そうと時間を行ったり来たり。
それをハリーたちが助けます。

ステージ上がマジックでした。
最前列でも糸とか仕掛けとか見えないマジックショー。
役者さんたちの動きのスピードが速く
どんどん展開していきます。
みなさん素早い動きがキレキレで美しい。
マントの扱いもきれいです。

お話自体は過去を変えて未来が変わり
慌てて修復するというよくあると言えばあるストーリー。
でもその中に細かく詰め込まれているので濃くて面白い。

本編では悪役のドラコがそこそこ偉くなってるし、
その息子スコーピウスは「僕なんて嫌われてるし…」の弱気ないい子。
アルバス・ポッターと仲良くなり一緒に「あの人」と闘います。
このスコーピウス役の門田宗大くんがよかった。
自信がなくてオドオド、いっぱいいっぱいで泡拭いたように喋る。
アルバスがお友達になってくれて舞い上がる。
ホリプロ作品なので
ホリプロ所属の若手で埋めている中
門田宗大くんは違ったのでオーディションで勝ち取ったんじゃないのかな。
アルバスの方が主役だけど、
それ以上に印象に残る役者さんでした。

石丸ハリーも冷静でいいパパ。
反抗期のアルバスに手を焼き、どう接していいかわからない。
でも息子の窮地にハラハラしながら助ける親心が感じられました。

帝劇『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』2回目


■日時:2023年7月12日(水)13:00
1幕70分 休憩25分 2幕80分
■会場:帝国劇場 G列サイド
■出演:平原綾香、井上芳雄、橋本さとし、上野哲也、
伊礼彼方、中河内雅貴、藤森蓮華 他

とにかく濃厚なショーなので、
1回観ただけでお腹いっぱい。
もう十分かも…なんて思ってたのだけど、
一夜明けると麻薬が切れたかのようにまた欲してしまいます。

そして今回は平原サティーン。
さあいよいよ登場!ってところで

え?

ブランコから舞い降りてくると思って上空を見上げていたところ
あれ?
地上にちょこんと立ってますよ。

どうもトラブルがあったようなのです。

これ、かなり残念。

初見の方は気付かなかったと思いますが
なにせ昨晩観たばかりで期待していたので
地上の姿が地味すぎる。
サティーンも申し訳なさそうにしてるように立っている。

で、歌が始まりまして、
平原さん、もちろん素晴らしい歌声です。
あの独特の個性的な歌声。
一人で歌い上げるシーンはパワフルボイスで
さすがは花形スター☆いいなあと思って聴いておりました。

最愛の「Your song」も望海さんほど強くなく
王子とバランスを取り合ってます。
ここ、今日も泣けました。

が、いかんせん、声に特徴がありすぎまして、
デュエットが似合わない。
平原さんはお一人で歌う方がいいです。

この2回の観劇で王子以外のキャストは
できるだけ被ることのない日程を選んだので
Wキャストはほぼ拝見できます。

ジドラーはやはり松村さんよりさとしさんが盛り上がり、
彼方くんはダンス頑張ってる。
でもデュークよりジドラーやりたかったのでは?

上野ロートレックは台詞の声が甲高過ぎるのと
低音が苦手っぽい。

中河内サンティアゴは、ダンスが安心して見られますね。
でも、歌は中井さんがいいので、
お笑い3人組は昨日の
井上、上川、中井トリオに軍配。

「贅沢の限りを尽くす」と言いますが、
そんな空間に迷い込んだ時間でした。

王子が出ていてつまんない作品がないのは、
そういう作品に呼ばれる、
これは王子でないと務まらない
というのもあるだろうし、
その高いレベルまで王子が作り上げていくんだろうね。

日本初演だからおそるおそる、
チケット代も高いので2回で精一杯でしたが、
これなら次回はお金貯めてもっと観る価値は十分だ。

再演に期待☆

帝劇『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』


■日時:2023年7月11日(火)18:00
1幕70分 休憩25分 2幕80分
■会場:帝国劇場 Ⅾ列サイド
■出演:望海風斗、井上芳雄、松村雄基、上川一哉、K、中井智彦、加賀楓 他

いやあもうこれはエンタメの極地です。
とんでもなくゴージャス☆

ナイトクラブの花形スター・サティーン(望海)と
貧乏作家クリスチャン(井上)の恋物語。

会場入った時点でこの煌めく真っ赤なステージです。
これだけ作りこめばチケットも高くなるわなあ。
開演前からダンサーたちが登場し妖しい視線を投げかけます。

いったん全員はけて10分後くらいで開演。

ナイトクラブが舞台ですからね、
そりゃあダンスが素晴らしいわけですよ。
それも裏の世界なので妖艶さがたまらんっ!
ちょっと『TDV』を思い出しましてね
ここにシャオチャンいたらなあ…なんて。

で、盛り上がってる中に王子はやけにのっぺりしたメイクで現れます。
ここで華があってはいけませんからね。
売れない台本作家ですので、できるだけオーラを消す。
ダンサーたちのプロの踊りの中に
リズムにノリノリくらいのダンスで合わせ、
ハイレベルなとことはさりげなく外れ、
ラストのキメのところだけ戻ってきてポーズ。
これ笑ってしまった。
祐様がよくやる手だよね。
王子は踊れないわけじゃないけど、
あのダンサーたちについていくのはそりゃ無理だ。

クラブのオーナー・ジドラーは松村雄基さん。
松村さんと言えば大昔の不良役のイメージ。
舞台では初見です。
おそらくね、さとしさんほどはミューファンに近くないから
最初は距離感があってちょっと心配したけど、
後半馴染んできました。

そしていよいよ望海サティーン登場です!
ブランコで空中から舞い下ります。
ここだけでも光り輝いてますよ。
そしてダイヤモンド型のステージ上で歌い踊る。
ここはねえ、さすがは宝塚!
どうだ~!私を見て~!
レビューやショーはお手の物だろうから
華麗であり風格があり魅せ方の下地が違いますね。

そんなサティーンに心奪われた王子の「Your song」
これほんとに涙が出ました。
映画『ロケットマン』とも状況は違うし
訳詞もユーミン。
でも、クリスチャンのサティーンに出会えた喜びが溢れてて
「愛っていいよなあ」って。
サティーン×クリスのデュエットで、
望海さんも王子も歌がパーフェクト。
ですが、望海さんちょっと歌が強いかなあ。
王子はいつもなら相手を立てて少し引くのですが
なぜか今回は二人揃って強く盛り上がっていく。
ので、ちょっと声がぶつかってた気がします。

ミュージカルといえばコミカル3人組のような設定が必ずあって
珍しいことに今回は王子もその中の一人。
中井サンティアゴ、上川ロートレックとともに
ドタバタします。
中井さんは歌唱指導もされるほど歌が上手ですが
ちょっとお太りになった?
パリ随一のタンゴダンサーですからね、
ぽっちゃりしてるのがちょっと笑ってしまう。
上川さんとの3人組は声のバランスもよくて楽しい。

後半で楽しみにしていたのが「ロクサーヌ」。
もちろんスティングの歌声も好きですが
映画で超低音のダミ声でアレンジされてたのが新鮮でかっこよく
どうなるのかなあと思っていました。
中井さん上手だし歌うのかなあって。
実際はクリスチャンでした。
さすがにダミ声ではなくいつものクリアな声で熱唱。
これは期待していただけにちょっと残念。

お話は映画とは少し違っていましたが、
映画同様サティーンの人生は残り僅か。
これを仲間に伝えるシーンで
「同情はしないで。ステージに全てをかけるからみんな協力して」
みたいな台詞があるのですが、
ここでボラプを思い出してしまったわ。
フレディが練習中にメンバーにHIVを告げるシーンと被った。
水を差して悪いけど、結核とわかっているのに
クリスチャンとさんざんキスするってどうなん?
とも一人突っ込みいれました。

ラストの泣き崩れるシーンでは王子汗だく。
今回良席だったのでお顔もよく見えて
前半から汗ダラダラだったのですが、
ラストは革ジャン衣装だったのでより一層。

カテコは定番があってみんな手拍子で楽しんだ後は
きっちり終了。
カテコも上演の一部のような。
おねだりカテコは無しでした。

歌、ダンス、キャスト、舞台、演出、全てがゴージャス☆
チケット代が高い!が、マチネのダポンテのことを思うと
お金と豪華さはある程度比例しますね。

そして今回改めて思ったのは王子の声は唯一無二だなあ。
デュエットでも大合唱でも王子の声は少し高いところにいて
そこから他の声を包み込むイメージ。
そしてその声のまま、カンパニーのみんなを包み込んでるんだろうなあ。

もう一公演、次は平原サティーンです。

音楽劇『ダ・ポンテ~モーツァルトの影に隠れたもう一人の天才~』

■日時:2023年7月11日(火)13:00
1幕65分 休憩20分 2幕85分
■会場:東京建物Brillia HALL
■出演:海宝直人 平間壮一 相葉裕樹 井上小百合
田村芽実 青野紗穂 八十田勇一 他

「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」などを
4年半の間にモーツァルトと作り上げた
台本作家ダ・ポンテの回想録です。

ムーラン遠征にあわせた公演がこの時期なくて
海宝君目当てに取ってみました。
会場入ってすぐ見えたステージは…
あちゃーお金なかったんだろうなあと感じさせる
簡素な舞台。

海宝君はほんとうに歌が上手で
平間モーツァルトはダンサーなだけにものすごく動きが軽やかで
やんちゃさが身体で表現されていました。
奥様の青野さんとのカップルも考えが浅くて浪費しちゃうけど
相手の意思を尊重して楽しく生きている姿は可愛い。
平間さんは歌はちょっと粗かったけど、
女性陣はみなさんレベル高かった。

そして、田村芽実さんが一番印象に残りました。
最初は初恋の許されぬ恋、
同じ田村さんがその後の奥様を演じられるので
地味だけど普通の幸せが掴めてよかったなあと。
包み込むような愛に溢れていました。

ミュージカルのワクワク感が乏しかったですが
力を合わせて作り上げたんだろうなあというのは伝わって
ラストのハッピーエンドにほのぼのしました。